部屋のドアに鍵をつける3つの方法!

複数の人が一緒に住んでいる環境がある場合は、自分の部屋に鍵を付けたいと思うかもしれません。

しかし、「ロックされていないドアに鍵をつけることができるかのように感じている人はいますか?
または “それを取り付けするのは難しいですか?”

そこでこのコラムでは、キーレス・ドアにキーを取り付ける3つのステップを紹介します。

それは間違いなく有用な内容であるはずですので、最後までお読みください。

部屋のドアに鍵を付けることはできますか?

目的と予防策

キーをドアに取り付けるときは、キーを取り付ける目的に応じて項目を選択することが重要です。

私はインテリアからキーを閉めたい、高いセキュリティキーを持っている必要があるかどうか、屋外からキーを閉じたいと思う。

例えば、子供やペットが許可なくあなたの部屋に入るのを防ぐために鍵を取り付けしたい場合は、内部からロックすることができれば防犯を心配する必要はありません。

一方、重要なものを保管する部屋に鍵を取り付ける場合は、屋外で鍵をかけることができ、安全性の高い鍵を選択する方が安全です。

また、ドアの種類を確認してキーを取り付けることも重要です。

どのように開くかは、それが内側か外側かにかかわらず、穴を開けるのは大丈夫ですか?

取り付けするキーにもよりますが、詳細な寸法も必要ですので、確認してみましょう。

このような点を確認せずにキーを正しく交換すると、キーを取り付ける前に違和感を覚えるなどの問題があります。

交換の際には、事前に鍵の種類と寸法を確認しましょう。

室内ドアにキーを取り付ける方法①補助キーを取り付けます

ドアにキーを付ける場合、補助キーと呼ばれる簡易キーを付ける方法があります。

補助キーは穴あけには必要ないため、設置が容易であり、生活や生活のためにドアを傷つけることができないなどの理由がある場合にもお勧めします。

【ガードロックインテリア・ロックレスインサイドオープニングドアのみ簡単ホームロックNo. 260】

本製品は、工具を使用せずにドア等を傷つけることなく取り付け可能な補助キーです。

部屋のドアに取り付ける場合は、このタイプを十分にロックすることができます。

ただし、この製品は内側のドアに専用されるため、外側に開くとスライドドアの場合は注意してください。

部屋のドアに鍵をつける方法②リフォームのための鍵を設置する

固定式のリフォームキーを取り付けることは、ドアにキーを取り付けるためのオプションとしても言及することができる。

固定式という言葉は、ドア本体やドアフレームにネジ等で固定するタイプのキーです。

ドアに穴をあけてネジ等で固定することは不利であるという欠点がある。しかし、固定するためにシフトするのが難しいという特徴がある。

【熊本ラバトリ – ラッチNO.918】

この製品は、ネジで固定するタイプのリフォームキーです。

鍵の構造はシンプルで防犯性は低いが、内扉、外扉、引戸などのドアの種類によらず取り付けができるメリットがある。

ただし、キーの取り付け位置がずれてもキーをロックするなどの問題が発生しない可能性がありますので、取り付け前に確実に測定および取り付け位置を確認してください。

ドアを突き刺すことが難しいと感じる場合は、業者に相談して取り付けすることをお勧めします。

部屋のドアに鍵をつける方法③鍵付きのドアノブと交換する

キーをドアに取り付けるときは、ドアノブをキーで置き換える方法があります。

外部キーとは異なり、高い安全性と高い強度、そして爽やかな外観を特徴としています。

ドアノブには製造者の基準が存在するため、ドアに現在取り付けられているドアノブと同じ標準で同じメーカーのキーに取り替えることは確実です。

同じメーカーのものが見つからない場合は、ドアノブの近くの寸法を測定し、それに合わせてドアノブを検索します。

測定値が間違っていると、ドアを開け閉めできないなどの問題が発生するので、慎重に作業してください。

ドアノブの交換は、補助キーやリアアタッチメントキーを取り付けるよりも難易度が高いため、不可能なことはしないでください。

まとめ

私はドアに鍵をつける3つの手段について説明しました。

補助キーやポストアタッチメントキーは、セキュリティ保護の点では低いことがよくありますが、取り付けは簡単です。

加えて、ドアノブの交換は、設置自体に高度の困難を伴うが、高い安全性をもって物品を取り付けることができるというメリットがある。

補足キーやリフォームキーもありますので、設置が難しいものや防犯性の高いものも重要ですので、しっかりと確認することが重要です。

アプリケーションに適したキーを選択した場合、取り付けが困難な場合は、不可能なことなしに業者に問い合わせることをお勧めします。

関連記事

ページの先頭へ